【生活できない!】年収200万の生活レベルとは?節約方法と今すぐ脱出すべき理由

転職
ライフスタイル・悩み
ライフスタイル・悩み

「年収200万円で生活できない……」「年収200万円から脱出するにはどうすればいい?」そう考える方もいると思います。

年収200万円では、都内で生活するのは難しいと考えられています。

本記事では、年収200万円のデメリットや年収を上げるための方法を紹介しています。

年収が高い職業の特徴や年収が上がりづらい職業の特徴も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

年収200万台でも生きていける?

結論から言うと、年収200万円台でも生きていくのは可能です。しかし生活する上では、ギリギリの生活になってしまうのも現実です。

年収200万円台で考えるべきことや意識すべきことは以下の3つです。

  • 日本の平均年収を考えるとかなり低い
  • 月収・手取り13〜17万円の生活レベル
  • 20代一人暮らしでギリギリ。都内だとかなり厳しい

それぞれみていきましょう。

日本の平均年収を考えるとかなり低い

日本の平均年収を考えると、年収200万円台は著しく低いと言えます

国税庁の「令和4年分 民間給与実態統計調査」の調べによると、令和4年の日本全体の平均年収は約458万円でした。そのため、200万円はそのかなり下回る水準となります。

この厳しい状況において、生計を立てるためには徹底的な節約と賢い資金運用が求められます。

生活費の見直しや支出の最適化が不可欠です。

限られた収入を最大限に有効活用できるかが、生活の基盤を築く鍵となります。

参考:国税庁「令和4年分 民間給与実態統計調査

月収・手取り13〜17万円の生活レベルとは?

月収・手取り13〜17万円の生活は、経済的に厳しい状況である場合があります

住居費や食費、光熱費などの基本的な生活必需品に加え、医療費や交通費、教育費なども考慮に入れなければいけません。

また、この手取り範囲では、贅沢な娯楽や無駄な支出を極力削減する必要も出てきます。

賢い予算管理と節約術を駆使して、収入と支出のバランスが、状況を乗り切る重要な要素です。

手取り17万円で生活する場合について、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

【生活できない…】手取り17万円のきつい状態から脱出する方法

20代一人暮らしでギリギリ。都内だとかなり厳しい

20代で一人暮らしを考える際、手取り年収が200万円台であれば、都内での一人暮らしは非常に厳しいものとなるでしょう。

都内では1LDKの場合、家賃が5〜7万円程度です。狭い部屋でも比較的高い家賃を求められてしまいます。

交通費や食費も他の田舎に比べて上昇傾向にあり、これらの支出を抑えるのが困難になりかねません。

シェアハウスの検討や生活必需品のリサイクルなど、効果的なコスト削減策を見つける必要があるでしょう。

平均年収の低い業種・職種とは?

厚生労働省が発表している令和4年賃金構造基本統計調査に基づき、平均年収の低い業種・職種を以下の表にまとめました。

順位職種・職種年収(千円)
16宿泊業飲食サービス業257.6
15サービス業(他に分類されないもの)268.4
14生活関連サービス業娯楽業271.6
13運輸業郵便業285.4
12医療福祉296.7
11複合サービス事業298.8
10製造業301.5
9卸売業小売業314.6
8不動産業物品賃貸業339.5
7鉱業採石業砂利採取業347.4
6建築業335.4
5金融業保険業374.0
4教育学習支援業377.7
3情報通信業378.8
2学術研究専門・技術サービス業385.5
1電気・ガス・熱供給・水道業402.0

参考:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査

年収が高い職業と年収が上がりにくい職業の違いや特徴とは?

年収が高い職業と年収が上がりにくい職業の差異は、労働市場の変化や産業の発展により、職業の特性に影響を与えています

一般的に、原価がかかり、労働集約型の業界や職種は年収が上がりにくい傾向があります。

これは、企業が生産やサービス提供に多くの資金を必要とし、その中で労働者の給与が制約されるためです。

みなし残業性やサービス残業が多い状況も、労働者が効率的な時間外労働を認識されにくい要因となり得ます。

また、斜陽産業で経営が不振な業界や企業では、給与水準が抑えられがちです。職能や業界的に代替可能性が高い場合、給与改善が難しい場合があります。

逆に、新興産業や技術革新が進む分野では、需要が高まりやすいです。その影響で年収も上昇する傾向があります。

職種や業界の選択、スキルの磨き方が、年収向上に大きく影響することが明確です。

生活できないだけじゃない!年収が低いことによる4つのデメリット

年収が低いと起こるデメリットは、主に以下の4つです。

  1. ①賞与(ボーナス)・退職金が低くなる
  2. 貯蓄ができず、急な病気やケガに対応できない
  3. 交際活動にお金を使えず、恋愛や友人関係に影響することも
  4. 生活の質が上がらず、体調やストレスに影響することも

1つずつ解説していきます。

①賞与(ボーナス)・退職金が低くなる

年収が低いと、賞与(ボーナス)や退職金の額もそれに比例して低くなります

これは、通常の給与だけでなく、企業から支給されるボーナスや将来のための退職金にも影響を及ぼします。

低いボーナスや退職金は、将来の生活において不安要素となりかねません。資産形成や老後の生活設計に影響を及ぼす可能性も。

このため、収入を向上させるための努力やスキルの向上が重要です。

②貯蓄ができず、急な病気やケガに対応できない

年収が低いと、経済的な余裕が十分になく、貯蓄が難しい状況に陥りかねません

医療費や治療費が予測できない支出となる中、経済的な余裕がないと適切な対応が難しくなります。

このような状況に対処するためには、まずは予算を立て、定期的に貯蓄を行うのが必要です。

健康保険や生命保険の適切な利用も重要であり、急な出費に備えるようにすると生活の安定に繋がります。

③交際活動にお金を使えず、恋愛や友人関係に影響することも

限られた収入では、交際活動にお金を使う余裕が少なくなります

経済的な負担がかかると、恋愛や交友関係において相手に対する満足度やコミュニケーションの機会が減少してしまいます。

経済的な制約がある場合でも、創意工夫や予算内で楽しむ方法を見つけてみてください。

また、恋人や友人との関係ではお互いの状況を理解し、経済的な負担を軽減するような活動の提案も大切です。

④生活の質が上がらず、体調やストレスに影響することも

年収が低い状態では、基本的な生活の質が向上しにくくなります

低い収入により、趣味やレジャーに時間やお金を使う余裕が減少してしまう可能性も。日々の生活にモチベーションを感じられなくなってしまいます。

この状況を改善するためには、生活の質を向上させるための方法を見つけてみてください。

限られた予算内で楽しめる趣味やアクティビティを見つけ、ストレスを解消できるような工夫をするのが一つの手段です。

また、効果的な時間管理や目標設定が、生活の質向上を手助けしてくれますよ

年収を上げるには?今の生活レベルから脱出する3つの方法

年収200万円から脱出する方法は主に以下の3つです。

  1. ①副業・アルバイトを掛け持ちする
  2. 将来を考えて、業種・職種を変えるために転職する
  3. 転職なら、仕事探しや選考の手助けをしてくれる転職エージェントがおすすめ

1つずつ解説していきます。

①副業・アルバイトを掛け持ちする

年収200万円からの脱出において、副業やアルバイトを掛け持ちすることは効果的な手段の一つです。

追加の収入源を得れば、現在の生活水準を補完してくれます。将来的な経済的な余裕を生み出すことも。

ただし、主業務との両立や過度な負担にならないように気をつけながら、柔軟な働き方を模索するのが重要です。

また、副業を通じて新たなスキルを身につけたり、コネクションを広げてみてください。将来的には本業の転職やキャリアアップにも繋がる可能性がありますよ。

②将来を考えて、業種・職種を変えるために転職する

現在の生活からの脱出を本格的に考えるなら、将来を見据えて業種や職種を変える転職が一つの重要な選択肢です。

新たなキャリアパスを模索すれば、スキルや経験を活かして収入を増やすことが可能になります。キャリアの成長を実現も期待できますよ。

転職は新しい環境に飛び込むチャンス。収入の向上や充実感のある働き方が得られる可能性があります。

適切なキャリアプランを構築し、将来的な生活設計に合った転職の検討が、経済的な安定を築く手助けとなるでしょう。

③転職なら、仕事探しや選考の手助けをしてくれる転職エージェントがおすすめ

転職を検討する際、仕事探しや選考プロセスの手助けをしてくれる転職エージェントの活用を検討してみてください。

転職エージェントは求人情報の提供だけでなく、求職者のキャリアやスキルを理解し、適切な職場とのマッチングをサポートします。

自身では気づかないような適した職種や企業を提案してくれますよ。

転職エージェントサービスでは、転職のプロによるサポートを受けられます。キャリアアップとともに年収を上げたい場合、親身に相談に乗ってくれるので、気になる方はぜひ活用してみてくださいね。

消費者金融や情報ビジネスには絶対に手を出さない

消費者金融や情報ビジネスへの手を出すのは、慎重に考えるべき重要なポイントです。

これらの分野は急な金銭的な困難に直面している人々にサービスを提供する一方で、高金利や詐欺のリスクがあることでも知られています。

生活レベルを上げないことには、お金がないという自転車操業から抜けられません。

計画的なお金の使い方とリスクを理解した上での行動が、将来的な経済的な安定につながります。

まとめ

年収200万円で生活できないわけではありませんが、以下に気を付ける必要があります。

  • 日本の平均年収を考えるとかなり低い
  • 月収・手取り13〜17万円の生活レベル
  • 20代一人暮らしでギリギリ。都内だとかなり厳しい

また、年収を上げるためには以下を意識してみてください。

  1. ①副業・アルバイトを掛け持ちする
  2. 将来を考えて、業種・職種を変えるために転職する
  3. 転職なら、仕事探しや選考の手助けをしてくれる転職エージェントがおすすめ

年収200万円で生活が厳しい場合は、生活レベルをできるだけ上げるように努めてください。

転職を行う場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。転職エージェントサービスでは、無料でキャリア相談も行っています。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました