やばい会社かどうか面接で見分ける3つの方法とは?

転職・就活
転職・就活
転職・就活

就職活動や転職活動において、面接で「やばい会社」を見分けることは非常に重要です。

面接は会社の内部事情や雰囲気を知る絶好の機会。

この記事では、面接中にやばい会社かどうかを見分けるための3つの方法を紹介します。

これらのポイントを押さえて、安心して働ける職場を見つけましょう。

働かない方がいいやばい会社は存在する

働かない方がいい「やばい会社」は確かに存在します

そうした会社では、労働環境が劣悪であり、長時間労働や過度なストレスが常態化しています。

さらに、社員の声を無視する経営陣や不当な扱いが横行する場合もあるでしょう。

これらの要素は、健康やキャリアに深刻な影響を与えるため、避けるべきです。

面接や情報収集を通じて、こうした会社を見極めることが大切ですよ。

面接で見分けられるやばい会社の特徴10選

面接で見分けられるやばい会社の特徴は、以下の10個が挙げられます。

  1. 給与や労働条件が求人票と異なる・下げてくる
  2. 前職の労働時間や、長時間労働に耐えられるかを聞いてくる
  3. 面接官の態度が偉そう・腕組みをしている
  4. 面接官の服装や身だしなみに清潔感がない
  5. 1回の面接で内定が決まる
  6. 1回目の面接から社長が出てくる
  7. オフィスの清掃が行き届いていない・雰囲気が暗い
  8. 社員の顔が暗い・疲弊している
  9. 面接の質問でセクハラ・パワハラをしてくる
  10. プライベートに関してなど、選考と関係のない質問をしてくる

1つずつ解説していきます。

①給与や労働条件が求人票と異なる・下げてくる

面接で給与や労働条件が求人票と異なる、または下げてくる会社は避けるべきでしょう。

求人票は会社が求職者に提供する条件を示す重要な文書です。

その内容を軽視する会社は、入社後も労働条件を不当に変更する可能性があります。

面接時にこのような状況に直面した場合、他の会社を検討することを強くお勧めします。

②前職の労働時間や、長時間労働に耐えられるかを聞いてくる

面接で前職の労働時間や長時間労働に耐えられるかを聞いてくる会社は注意が必要です。

こうした質問は、その会社が過度な長時間労働を常態化させている可能性を示唆します。

通常、健全な企業は労働者の健康とワークライフバランスを重視します。

しかし、このような質問をする企業は、労働環境が厳しく、社員に過度の負担をかける場合が予想されます。

面接でこのような質問が出た場合、その企業の実態を再度確認してみてください。

③面接官の態度が偉そう・腕組みをしている

面接官の態度が偉そうで腕組みをしている場合、その会社は避けた方がいいでしょう

面接官の態度は、その会社の社風や職場環境を反映しています。

傲慢な態度や威圧的な姿勢は、社内の人間関係が悪く、社員が尊重されていない可能性を示唆します。

面接は双方向のコミュニケーションの場であり、面接官の態度は会社の価値観を表す重要な指標です。

こうした態度に違和感を覚えたら、他の企業を検討するのをお勧めします。

④面接官の服装や身だしなみに清潔感がない

面接官の服装や身だしなみに清潔感がない会社は避けるべきです

面接官の外見は、その会社のプロフェッショナリズムや職場の基準を反映しています。

清潔感のない身だしなみは、会社全体の管理体制や職場環境に問題がある可能性も。

特に、顧客と接する業種であれば、清潔感は重要な評価基準です。

面接官の外見に不安を感じた場合、その企業の文化や価値観について再評価することが重要です。

⑤1回の面接で内定が決まる

1回の面接で内定が決まる会社は注意が必要です

通常、採用プロセスは複数回の面接や評価を経て慎重に行われます。

1回の面接で内定が決まる場合、その企業が人材を急いで確保しようとしている、あるいは適切な選考を行っていない可能性があります。

これにより、入社後にミスマッチが生じやすくなります。

短期間で内定が決まることに不安を感じた場合、その企業の信頼性や採用基準を再確認してみましょう。

⑥1回目の面接から社長が出てくる

1回目の面接から社長が出てくる会社は注意が必要です

多くの場合、社長は最終面接など重要な段階で登場するもの。

初回から社長が出てくる場合、その会社が急いで人材を確保しようとしているか、組織の規模が小さく、他に適切な面接官がいない可能性があります。

こうした企業は、内部体制が整っていない場合が多く、働く環境に問題があることが考えられます。

⑦オフィスの清掃が行き届いていない・雰囲気が暗い

オフィスの清掃が行き届いておらず、雰囲気が暗い会社は避けた方がいいでしょう

清掃が行き届いていない職場は、細部に気を配らない企業文化や、社員の働く意欲が低い可能性があります。

また、暗い雰囲気は職場の活気やコミュニケーション不足を示唆します。

こうした環境では、快適な働き方が難しいため、入社前にオフィスの状況を確認し、慎重に判断するのが大切です。

⑧社員の顔が暗い・疲弊している

社員の顔が暗く、疲弊している会社は避けた方が良い可能性があります

暗い表情や疲れ切った様子は、長時間労働や過度なストレス、不適切なマネジメントが原因である場合が多いです。

健全な職場では、社員は明るく活気に満ちた様子を見せます。

面接時に社員の顔色や雰囲気を観察し、不安を感じた場合、その会社について再度考えてみてください。

⑨面接の質問でセクハラ・パワハラをしてくる

面接の質問でセクハラやパワハラをしてくる会社は絶対に避けるべきです

このような態度は、入社後にさらに深刻なハラスメントが発生する可能性を示唆します。

面接で不快な質問を受けた場合、その会社に対する警戒心を持ち、他の選択肢を探ることを強くお勧めします。

⑩プライベートに関してなど、選考と関係のない質問をしてくる

プライベートに関してなど、選考と関係のない質問をしてくる会社は避けた方が良いです

選考に関係のない質問は、面接の本来の目的である職務能力や適性の評価から逸脱しています。

通常健全な企業は、面接で業務に関連する質問のみを行います。

不適切な質問を受けた場合、その企業の倫理観や労働環境について疑念を抱き、他の候補を検討してみてください。

面接前にやばい会社かどうかを見分ける3つの方法

面接前にやばい会社かどうかを見分ける方法は、以下の3つです。

  1. 求人票で、給与に幅がある・アットホームな職場を打ち出している
  2. 社長・社員のSNSや口コミをチェックする
  3. 転職エージェントを頼る

解説します。

①求人票で、給与に幅がある・アットホームな職場を打ち出している

求人票で給与に幅がある、または「アットホームな職場」を強調している会社は注意が必要です

給与に幅がある場合、実際の給与が低くなる可能性があります。

また、「アットホームな職場」という表現は、実際には過剰な労働や規律の緩さを隠すために使われる場合が多いです。

求人票にこうした特徴がある場合、その会社の実態を慎重に調べ、他の情報源と照らし合わせてみましょう。

②社長・社員のSNSや口コミをチェックする

社長や社員のSNSや口コミをチェックすることは、やばい会社かどうかを見分ける有効な方法です。

SNSや口コミサイトには、企業の内部事情や実際の労働環境についての情報が含まれている場合が多いです。

特に、社長の発言や社員の投稿からは、その会社の文化や雰囲気を読み取ることができます。

ネガティブな口コミや不適切な投稿が多い場合、その企業に問題がある可能性が高いでしょう。

情報収集を通じて、慎重に判断しましょう。

③転職エージェントを頼る

転職エージェントを頼ることは、やばい会社を見分けるために有効な手段です

エージェントは企業の内情や評判を把握しており、求職者に適した企業を紹介する役割を担っています。

エージェントを通じて情報を得れば、求人票や面接だけでは分からない企業の実態を知ることができます。

特に、信頼できるエージェントを選ぶことで、安心して働ける職場を見つける確率が高まりますよ。

まとめ

やばい会社を見分けるためには、面接時と面接前の両方で慎重な観察と情報収集が必要です。

面接時には、給与や労働条件の変動、面接官の態度や社内の雰囲気に注意し、疑問を感じた場合は再考しましょう。

面接前には、求人票の内容やSNS、口コミ、転職エージェントを活用して企業の実態を確認するのも大切です。

これらの方法を活用し、安心して働ける職場を見つけてくださいね。

この記事の著者
Marino
就活・転職専門ライター
就職活動・転職活動専門のライター。月間30本程度の記事執筆を担当しています。自分自身の転職経験から「もっとスムーズに、自分らしい転職活動はできないか?」と考え、就職・転職専門ライターに。就職・転職する人たちの不安解消をモットーに、役立つ情報を発信しています。
WORLD COMPASS(ワールドコンパス)
タイトルとURLをコピーしました