高卒で就職すると何がやばい?大卒との比較と後悔しないために知るべきこと

転職
転職・就活
転職・就活

高卒で就職すると何がやばい?そう考える方もいると思います。結論からいうと、高卒で就職するのは決して悪いことではありません。しかし、大卒者と比べると年収面や生活面で差が出てしまうのも事実です。

本記事では、高卒者の就職の悩みや、その悩みを解決させるための方法を紹介しています。

参考にしてみてくださいね。

「何がそんなにやばい?」高卒での就職あるある

高卒での就職のあるあるは以下の通りです。

  • 大卒と比べると生涯年収に大きな差があり、転職も難しい
  • 短大卒・専門卒と比べると専門スキルや資格がなく、強みが少ない

それぞれ解説していきます。

大卒と比べると生涯年収に大きな差があり、転職も難しい

大卒と高卒での生涯年収には大きな差があり、これは高卒での就職者が直面する難題の一つです。

大学卒業者は通常、職業人生を通じて高い給与を受け取ることが期待されます。

対照的に、高卒者は入社初期からの給与格差が広がり、その差は将来にわたって拡大する傾向があります。

高卒者と大卒者の生涯年収の一覧は以下の表の通りです。

高卒生涯年収大卒生涯年収
女性1億4,960万円2億1,240万円
男性2億500万円2億6,190万円

参考:労働政策研究・研修機構(JILPT)「ユースフル労働統計2022 ―労働統計加工指標集― 21 生涯賃金など生涯に関する指標

この生涯年収の差は、転職の際にも大きな影響を及ぼす場合も。

大卒者は一般的に専門的なスキルや知識を身につけており、転職市場での競争力が高まります。

一方で、高卒者は職務経験こそあるものの、大卒者と比較して専門性が不足していると見られがちです。

そのため、転職が難しくなり、給与面でも引けを取る場合もあります。

高卒者がこれらの課題に立ち向かうためには、職務経験を活かし、自己学習や資格取得などでスキルを向上させるのが重要です。

また、キャリアプランをしっかりと立て、将来の転職に備えるのが大切です。

短大卒・専門卒と比べると専門スキルや資格がなく、強みが少ない

短大卒や専門卒の方々が高卒者と比較して直面する課題の一つは、専門スキルや資格において差が生じることです。

短大卒や専門卒者がそのような専門スキルや資格を有していない場合、就職の競争力が低くなります。

解決策として、高卒者は積極的に業界や職種に特化したスキルや資格を取得するのが重要です。

業界動向や需要の高い資格を見極め、自らのキャリアに役立つスキルを磨けば、競争力を向上させられます。

また、これらのスキルをアピールポイントとして履歴書や面接でしっかりと伝えるのも大切です。

経験者が語る!高卒で就職して苦労したと感じる3つのこと

高卒で就職して苦労するのは、主に以下の3つと言われています。

  1. 給料レンジが大卒より低く、年収が上がりにくい
  2. 転職先を見つけにくく、辞めたいと考えても望む仕事に就きにくい
  3. 若い時に自由な時間が少なく、経歴で大卒と比較されて疎外感を感じる

1つずつみていきましょう。

①給料レンジが大卒より低く、年収が上がりにくい

高卒者が就職して苦労する一つの現実は、給与面でのハードルの高さです。企業は学歴を考慮して給与を設定します。高卒者にとってこれが収入の制約となってしまいます。

さらに、昇給やキャリアアップが難しいと感じる場合も多いです。

多くの場合、大卒者と同じポジションで働いていても、高卒者は昇進や給与アップの機会が限られる場合があります。

これは企業が学歴や資格を基準にしている場合があるためです。

給与の差を乗り越えるためには、高卒者は積極的に自身のスキルや実績をアピールし、業績向上に貢献が求められます。

また、定期的な給与交渉やキャリアプランの見直しも重要です。

②転職先を見つけにくく、辞めたいと考えても望む仕事に就きにくい

高卒者が就職後に直面するもう一つの困難は、転職の難しさです。

高卒者は一般的に大卒者に比べて専門的なスキルや知識が不足していると見なされやすいため、転職市場での競争が激しい傾向があります。

この課題に対処するためには、自主的にスキルや知識を向上させるのが重要です。

また、自分の強みや経験を的確にアピールすれば、企業が高卒者を積極的に採用する可能性を高められますよ。

しっかりと転職活動を計画し、自分の価値を的確に伝えるのが成功の鍵となります。

③若い時に自由な時間が少なく、経歴で大卒と比較されて疎外感を感じる

高卒者が就職して苦労する要因の一つは、若い時期に自由な時間が制約され、また大卒者との比較によって疎外感を感じることです。

高卒者は同じポジションで働いていても、経歴や学歴によって大卒者と比較される場合があり、若い時期にプレッシャーや疎外感を生みます。

また、大卒者に比べて職場での責任や業務量が多いと感じる場合も。

高卒者は大卒者と同じポジションであっても、労働時間が増えたり、業務の幅が広がる傾向にあります。それによって自由な時間が減少することも考えられるでしょう。

転職をする場合は、自分の強みを発揮できる機会を模索してみてください。他者との比較ではなく、自らの成長に焦点を当てるのが重要です。

高卒で就職して後悔している人へ!今の生活を変える3つの方法

今の生活を変える方法として以下の3つを紹介します。

  1. 通信制過程などで大卒資格をとる
  2. 職業訓練校に通って専門スキルを身に付ける
  3. 転職をして年収を上げたい場合は、転職エージェント・適職診断を活用する

1つずつ解説していきます。

①通信制過程などで大卒資格をとる

高卒者が現在の生活を変えるための一つの手段は、通信制の大学や遠隔教育を活用して大卒資格を取得することです。

これにより、学歴において大きな差を埋め、職場での競争力を高められるでしょう。

通信制過程や遠隔教育は、働きながら学べるという柔軟性があります。

多くの大学がオンラインコースや通信制のプログラムを提供しており、自分のペースで進学可能です。

この方法は、将来の職業の選択肢を広げ、大卒者と同じ土俵で戦えるようになる可能性を秘めていますよ。

②職業訓練校に通って専門スキルを身に付ける

現在の生活を変え職業上のスキルを向上させるため、職業訓練校や専門学校に通うのも方法の1つです。これにより、特定の分野での専門的なスキルを身につけ、職場での価値を高められます。

職業訓練校は、様々な職種に特化したプログラムを提供しており、短期間で実践的な知識やスキルの習得ができます。

例えば以下のものがあります。

  • プログラミング
  • デジタルマーケティング
  • 語学
  • 技術職 など

この方法は、現在の仕事に新しいスキルを加えて昇進するためだけでなく、異なる職種や業界への転身を目指すためにも有益といえるでしょう。

専門スキルを身につければ、新しいキャリアの道が広がりますよ

③転職をして年収を上げたい場合は、転職エージェント・適職診断を活用する

年収を上げたい場合、転職は一つの有力な手段です。転職エージェントや適職診断を活用すれば、効果的なキャリアの方向性を見つけ、理想の職場を見つけるサポートを受けられます。

転職エージェントサービスでは、転職のプロフェッショナルが、求職者のスキルや経験、希望条件をベースに最適な仕事の提案を行っています。

適職診断も無料で行っているので、転職活動に不安がある場合はぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

高卒の就職で苦労することは以下があげられます。

  • 給料レンジが大卒より低く、年収が上がりにくい
  • 転職先を見つけにくく、辞めたいと考えても望む仕事に就きにくい
  • 若い時に自由な時間が少なく、経歴で大卒と比較されて疎外感を感じる

高卒で就職して後悔している方は以下を意識してみてください。

  1. ①通信制過程などで大卒資格をと
  2. 職業訓練校に通って専門スキルを身に付ける
  3. 転職をして年収を上げたい場合は、転職エージェント・適職診断を活用する

高卒で就職してやばいことはありません。自分のスキルを把握したり見直したりすれば、自分の強みを改めて理解できます。強みを自分の武器にできるように努めていってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました