「給料が低すぎて生活できない…」と悩む時の対処法と転職で年収アップするコツ

転職
ライフスタイル・悩み
ライフスタイル・悩み

「給料が低すぎて生活ができない……」「給料を上げるにはどうすればいい?」と考える方は少なくありません。

給料が低い場合、生活がまともにできないというのが大きな課題に。低い給料から脱却するためには、生活費の見直しや副収入、転職などを視野に入れる必要があります。

この記事では、給料が低い場合の生活の仕方や、給料アップのための転職を成功させるコツを紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

給料が低すぎて生活できない金額とはどのくらい?生活費の内訳と合わせて紹介

生活ができない給料の金額は、以下の通りです。

  • 20代・一人暮らしは、都市部だと手取り17万円、地方だと手取り12万円
  • 30歳以上や子持ちは、都市部だと手取り22万円、地方だと手取り17万円

年齢、都心部と地方などで生活費は変わっていきます。1つずつ解説していきます。

20代・一人暮らしは、都市部だと手取り17万円、地方だと手取り12万円

20代で一人暮らしの場合は、都心部だと手取り17万円、地方だと手取り12万円で生活できる目安の金額となります。

生活費の内訳は手取り17万円の場合以下の通りです。

家賃6万円
食費2万円
外食費2万円
光熱費1万円
携帯代・通信費5千円
保険代5千円
日用品などの雑貨2万円
衣服、美容などのパーソナルケア1万円
小遣い2万円
合計17万

都市部では物価が高く、手取り17万円で生活するのがギリギリな印象です。一方で、地方では生活費が抑えられ、手取り12万円でも比較的余裕をもって生活できる場合も。

都市部での一人暮らしは、生活費の中で家賃が大きな比重を占めます。高い家賃に対応するためには、他の生活費の節約や収入の向上が必要です。

手取り17万円で生活する上で詳しく知りたいという方は、こちらの記事も一緒にチェックしてみてくださいね。

【生活できない…】手取り17万円のきつい状態から脱出する方法 

30歳以上や子持ちは、都市部だと手取り22万円、地方だと手取り17万円

30歳以上や子持ちの場合は、都市部だと手取り22万円、地方だと手取り17万円が生活できる目安の金額となります。

子持ちで手取り22万円の場合の生活費の内訳は以下の通りです。

家賃6万円
食費4万円
外食費3万円
光熱費1万円
携帯代1万円
保険代1万円
日用品などの雑貨1万円
衣服、美容などのパーソナルケア1万円
小遣い1万円
学費2万円
習い事1万円
合計22万円

都市部では手取り22万円が最低限必要とされますが、これは家賃や子どもの教育費、医療費などを考慮した金額です。

一方で、地方では手取り17万円でも家計を安定させられる場合もあります。

しかし、子どもの養育費や教育費などは成長によってかさんでいくため、収入の向上が必要となることも。

地方の方が生活費が抑えられるため、同じ手取りでも比較的余裕をもって生活できるでしょう。

給料が低すぎて生活が厳しい場合、生活費の見直しや節約、収入の増加などを考えるのが大切です。

手取り22万円で生活するためには、以下の記事も参考にしてみてくださいね。22万円で生活するコツや家計簿例などを紹介しています。

【生活できない!】手取り22万円から今すぐ脱却するためにすべき3つのこと 

生活保護の金額は?それより安い給料はありうる?

生活保護の金額は地域や家庭の構成によって異なります。一般的に、生活保護の金額は最低限の生計費用をカバーできるように設定されています。

引用:厚生労働省「生活保護制度

厚生労働大臣が設定する基準に基づいて、最低生活費が計算されます。もし収入が最低生活費に満たない場合、その差額が保護費として支給されるという仕組みです。

生活保護の受給資格には一定の条件があるため、すべての生活が厳しいと感じる人が生活保護を受けれるわけではありません。

一方で、生活保護の金額よりも低い給料で生活している人が存在するのも現実です。これは、非正規雇用や低賃金の仕事に従事している場合があります。

生活が苦しいなかで賢くやりくりするコツ

生活が苦しいなかで賢くやりくりするコツはいくつかあります。以下の表を参考にしてみてください。

コツ具体的なアプローチ
予算の作成と管理収入と支出を整理月々の予算を作成必要な支出に優先順位をつけ、節約の余地を見つける
必要不可欠な支出の優先順位付け基本的な生活必需品に優先的に予算を割り当て、余裕があれば他の支出を検討
節約術の活用クーポンや割引を利用、セール時にまとめ買い、中古品を検討
無駄な支出の削減不必要なサブスクリプションや娯楽費用を見直し、無駄な支出を削減
副業や追加収入の検討スキルや趣味を生かした副業を始め、追加の収入源を見つける
助成金やサポートの確認政府や地元の機関が提供する助成金やサポート制度を確認利用できるものがあれば活用
コミュニケーションとサポート家族や友人とコミュニケーションを大切にし、助け合いやサポートを求める

それぞれのアプローチを組み合わせれば、状況に合った効果的なお金のやりくりができますよ。

転職をして給料をアップしよう!転職のコツは?

転職をして給料をアップするためには、以下のコツを意識してみてください。

  • 20代の転職は、自己分析と長所の明確化が大事!
  • 30代以上の転職は、身に付けたスキルと実績の洗い出しを!
  • フリーター・契約社員の人は、未経験OKの業種と募集要項を確認!
  • 主婦・ワーキングマザーは、働ける時間と必要な生活費の確認を!

1つずつ解説していきます。

20代の転職は、自己分析と長所の明確化が大事!

20代の転職では、自己分析と長所の明確化が成功への鍵となります。

まず、自分の強みや興味を明確にし、どのような職種や業界が自分に適しているかを見極めるのが大切。

自己分析する際には、以下を意識してみてください。

  • スキル・能力について
  • 興味・趣味について
  • 性格・価値観について
  • 成果・実績について
  • キャリアの目標について

自己分析を通じて自分の強みを理解したら、その強みをアピールできる形に整えるのも大事です。これにより、新しい職場での貢献度をアピールポイントとして伝えられますよ。

さらに、20代は未経験でも挑戦しやすい時期です。過去の経験や学びの積み重ねを転職先で活かせるように工夫してみてくださいね。

30代以上の転職は、身に付けたスキルと実績の洗い出しを!

30代以上の転職の場合は、今までに身に付けたスキルと実績の洗い出しをしてみてください。自身のスキルを洗い出す際には、業界や職種に求められるスキルも考慮するのも大切です。

また、30代以上の場合は、経験と実績をアピールポイントに変えるチャンスでもあります。

これまでの職歴やプロジェクト、業績などを振り返り、自分がどのようなスキルを持っているのかを明確にしましょう。

転職先での役立ち度を高めるために、新しい環境で求められるスキルや知識を積極的に取り入れる意欲も重要です。

フリーター・契約社員の人は、未経験OKの業種と募集要項を確認!

フリーターや契約社員の方が転職を考える際には、未経験でも歓迎される業種や求人を積極的に探しましょう

求人を探す際に、研修制度や教育プログラムが用意されているか確認してみましょう。これらの要素があると、未経験からでもスムーズに仕事に取り組めます。

自分の興味や得意分野に合った未経験OKの求人を見つければ、新しいキャリアへの一歩を踏み出せますよ。

主婦・ワーキングマザーは、働ける時間と必要な生活費の確認を!

主婦やワーキングマザーが転職を検討する際には、自分が働ける時間と、家庭や生活に必要な費用をしっかりと確認するのが大切です。

働きながら家庭を守る立場であるため、バランスを取りながら働くことが鍵となります。

生活費や家計にどれくらいの収入が必要かを把握するのが重要です。子育てや家事、他の責任を果たすために必要な時間も含めて計画するようにしましょう。

転職先で働きやすい労働条件や福利厚生も検討材料となりますので、これらを考慮して最適な転職先を見つけてみてくださいね。

自分がどの職種にあっているのか、どうやって給料をアップしたらいいのか不安に思っている方はぜひ転職エージェントサービスを活用を視野に入れてみてください。

専門のスタッフが親身に相談に乗ってくれるので、自分にあった転職先を探せますよ。

年収アップを見込みやすい業種・職種は?

年収アップを見込みやすい業種・職種は以下の表の通りです。

職種/業種特徴
IT関連の職種ソフトウェアエンジニア、データサイエンティスト、セキュリティエンジニアなど
医療関連の職種医師、歯科医師、薬剤師など
法律関連の職種弁護士、法務担当者、特許弁理士など
金融業界投資銀行家、ファンドマネージャー、金融アナリストなど
管理職や経営者企業のトップマネジメントや部門の管理職

他にも、専門商社や総合商社などもあげられます。

これらの職種や業種に進む際には、それに応じたスキルや経験を積む必要があります。自身の強みや興味を考慮しながら、適切なキャリアパスを選択するのが重要です。

まとめ

給料が低すぎて生活できないと感じる金額の目安は、以下の通りです。

  • 20代・一人暮らしは、都市部だと手取り17万円、地方だと手取り12万円
  • 30歳以上や子持ちは、都市部だと手取り22万円、地方だと手取り17万円

手取りが少ない場合は、賢く生活費をやりくりする必要があります。1ヶ月の使える予算を算出し無駄な支出の削減したり、副業や追加収入の検討をするのも大切です。

転職を視野に入れ、年収がアップが見込める業種・職種を目指してみるのも1つの手です。転職する際は、自分にはどんな職種があっているのか自己分析し、見極めるようにしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました