【さすがにやばい…?】30代でフリーターのリスクと就職を成功させる方法

転職
働き方
働き方

「30代でフリーターってやばい?」「30代フリーターだけど正社員になりたい」そう考える方も少なくないでしょう。

30代でフリーターだと、今後の将来の展望に不安が生じかねません。そのため本記事では、30代フリーターが就職する場合の後悔しない方法を紹介しています。

合わせて就職するコツも解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

30代でフリーターだと何がやばい?

30代でフリーターがやばいと言われる理由は以下の通りです。

  • 30代後半で未経験可の求人はほとんどない
  • 年収250万円以下が多く、結婚・子育てのハードルが非常に高い
  • 社会的信用がなく、ローンも通らない
  • 社会保険がないと、ケガや事故への備えや年金がなく、将来に不安がある
  • 同世代が生活レベルを上げて家庭を築く中、疎外感を感じる

それぞれ解説していきます。

30代後半で未経験可の求人はほとんどない…就職は34歳までがベスト!

30代でフリーターだと、30代後半で未経験可の求人はほとんどないというのが現状です。そのため、就職は34歳までに行うのがベストとされています。

企業は中途採用の場合、経験者を優先する傾向があります。そのため、30代は新しいキャリアへの挑戦が難しくなりがちです。

これが影響して30代後半での転職や新しい職場でのスタートが難しくなり、職業の選択肢が限られる結果となります。

34歳までに経験を積んでおくのが、将来のキャリアにおいても大きなアドバンテージとなるでしょう。

年収250万円以下が多く、結婚・子育てのハードルが非常に高い

30代でフリーターだと、多くの場合年収は約250万円以下にとどまる傾向にあります。また、20代から定年までフリーターを続けた場合の生涯年収は、約8,000万円程度に。

年収250万円以下という経済的な厳しさが、結婚や子育てにおいて高いハードルとなります。

また、子育てには教育や医療費など多くの経済的負担がかかります。

年収が制約されていると、子供の未来への投資や安定した環境を提供するのが難しくなります。

このため、30代でフリーターが家庭を築くのは複雑な課題になるでしょう。将来の展望にも影響を及ぼす可能性があります。

社会的信用がなく、ローンも通らない

30代でのフリーター経験が長引くと、社会的な信用が低下し、これが経済的な面でも影響を与えます

社会的信用がないと、銀行や金融機関での信用調査が厳しくなり、ローンの審査が通りにくくなりかねません。

住宅ローンやカードローン、その他の借り入れなどが制約されると、生活の柔軟性が減少します。その結果、家や車などの大きな買い物や投資を行うことが難しくなります。

社会的信用の向上には、職歴や専門的なスキルの向上、社会的なネットワークの構築などが含まれます。

30代までに会社を通じて社会的信頼性を高めるのが重要となってきます。

社会保険がないと、ケガや事故への備えや年金がなく、将来に不安がある

30代でのフリーターでは、社会保険に加入する機会が限られ、生活する上で大きな不安材料となる場合も。

社会保険がない状態では、怪我や事故に備える医療保険の補償が受けられず、健康面でのリスクが高まります。

また、将来の年金も受け取るのが難しくなり、老後における経済的な安定が脅かされる可能性も出てきます。

社会保険の加入は、生活する上でのリスクに備えるだけではありません。定年後の生活において年金を受け取るためにも、社会保険に入っておくのがいいでしょう。

同世代が生活レベルを上げて家庭を築く中、疎外感を感じる

同世代が着実に生活レベルを向上させ家庭を築く中で、30代のフリーターは疎外感を感じることが少なくありません。

同世代が仕事や家庭で成功を収めていく中で、自身のキャリアや生活のステータスが停滞していると感じる場合もあるでしょう。

これにより自尊心の低下や将来への焦りが生じ、心理的な負担となり孤独や疎外感を感じかねません。

この状況を打破するためには、自己成長やキャリアの向上に焦点を当て、他者と比較するのではなく、自身のペースで前進していくのが重要です。

また、サポートを得るために友人や家族とコミュニケーションをとるのも、疎外感を和らげる助けとなります。

「正社員に就職したい」と考えたら?後悔しないためにすべきこと

正社員として就職したい場合、後悔しないためにも以下を意識してみてください。

  1. 今すぐ未経験可で正社員になれる求人を探す
  2. 求人に応募し、面接の対策を練る
  3. どうしていいか分からない時や、行き詰った場合は転職エージェントに相談する

1つずつ説明していきます。

①今すぐ未経験可で正社員になれる求人を探す

正社員としてのキャリアを築くためには、今すぐ未経験可で正社員になれる求人を積極的に探すのが重要です。

なぜなら、未経験可の求人は、新しいスタートをきりやすく、異なる業界や職種に挑戦する機会を提供してくれるからです。

求人を探す際には、自分の興味やスキルに合わせたポジションを探しましょう。

また、企業のカルチャーや働き方にも注目し、自身のキャリア目標と合うかどうかを確認するのが大切。

自主的に情報を収集し、将来への展望に合致する仕事に出会うことが後悔しないための第一歩ですよ。

②求人に応募し、面接の対策を練る

履歴書や職務経歴書を丁寧に作成し、自分の強みやこれまでの経験を明確に伝えるのが大切です。見つけた求人に対しては、積極的に応募しましょう。

応募書類はあなたの第一印象を左右するものなので、慎重に仕上げる必要があります。

また、面接対策も怠らないようにしましょう。

企業が求めるスキルや経験にフォーカスして、具体的な事例や実績を挙げて話すのが重要。

同時に、自分のキャリアプランや将来のビジョンも明確に伝えるれば、積極的で意欲的な印象を与えられますよ。

面接対策をしっかり行えば、自信を持って面接に臨み、就職に成功する可能性を高められるでしょう。

③どうしていいか分からない時や、行き詰った場合は転職エージェントに相談する

どうしたらいいか分からない場合や、転職活動が行き詰まった際は、転職エージェントに相談するのが有益です。

転職エージェントは市場動向や求人情報に精通しており、あなたのスキルやキャリア目標に合った仕事を見つけてくれる専門家です。

エージェントに相談すれば、適切な求人情報を提供してもらえるだけでなく、転職活動の戦略や面接対策、履歴書の改善など、具体的なサポートを受けられます。

また、転職エージェントサービスではキャリア相談を無料で行っています。転職エージェントサービスのサポートを受ければ、効果的な転職活動ができ、正社員としての就職を成功に導く可能性が高まりますよ。

ぜひ活用してみてくださいね。

30代フリーターが就職を成功させる2つのコツ

30代フリーターが就職を成功させるコツは以下の2つです。

  1. 今までの経歴を振り返って自己分析し、強みを見つける
  2. 最初から正社員が難しい場合は、契約社員から始めて実績を作る

詳しく解説していきます。

①今までの経歴を振り返って自己分析し、強みを見つける

30代フリーターが成功裏に就職するためには、まず自身の経歴を振り返り、自己分析を行うのが欠かせません

自己分析をする際、以下を意識してみてください。

  • これまでの経験やスキル
  • 取得した資格
  • 自分の強み

自己分析を通じて見つける強みは、他の応募者との差別化ポイントとなります。

自分の強みを理解すれば、企業が求める人物像やスキルに対して具体的でアピール力のあるエピソードや事例を伝えられるでしょう。また、自信を持って面接や応募書類でアピールができますよ。

②最初から正社員が難しい場合は、契約社員から始めて実績を作る

正社員の求人に直接応募するのが難しい場合、契約社員としてスタートするのが一つの戦略です。契約社員としての経験は、職務において実績を積む絶好の機会です。

契約社員として働くけば、企業側はリスクを抑えつつも実力や適性を認めてくれるでしょう。

仕事の成果や貢献が企業に認められれば、正社員としてのポジションへのステップアップが期待できます。

この段階で自ら仕事に積極的に取り組み、スキルや経験を着実に積んでいくのが重要です。

契約社員からのスタートは、長期的なキャリア構築において有益なステップとなります。将来的な正社員への転換につながる可能性が高まりますよ。

まとめ

30代でフリーターだと、30代後半の未経験の求人がなかったり社会的信用がなかったりします。また生涯年収も20代から定年までフリーターで働いた場合は約8,000万円と、正社員で働いている人と比べると低い傾向があります。

30代でフリーターだけど正社員として就職したい場合は、以下を意識してみてください。

  1. 今すぐ未経験可で正社員になれる求人を探す
  2. 求人に応募し、面接の対策を練る
  3. どうしていいか分からない時や、行き詰った場合は転職エージェントに相談する

転職エージェントサービスでは、自分に合った職業が分からない場合、相談や提案をしてくれます。今後のキャリアに不安がある方は活用を検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました