第二新卒は人生終了なんかじゃない!再就職を成功させるコツ

転職
転職・就活
転職・就活

新卒で入社したけど、会社が合わずに転職を考えている方も少なくありません。転職を考える際に気になるポイントとしては、「第二新卒で転職するなんて、人生終了なんじゃないか……」ということです。

結論からいうと、第二新卒を受け入れてくれる企業は多く存在します。転職を成功させるためには、自己分析とリサーチが大切になってきます。

この記事では、第二新卒で転職をする際の注意点や、転職を成功させる4つのコツを詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

第二新卒とは最低何年以内?

第二新卒とは、最低何年以内かは決まっていません。第二新卒呼ばれる期間は、前回の就職経験が数年前であることが一般的です。

第二新卒者は、新しい分野や業界に挑戦し、自らのスキルや経験を活かしてキャリアを広げようとする方々を指します。

これまでの経験を生かして新たなキャリアのステップアップを目指すことが特徴です。

経験者が語る!第二新卒の評価はそこまで低くない

第二新卒に対する評価は、20代のうちに転職を考える方にとって気になるテーマ。

しかし、実際には多くの企業が若手経験者に寛容であり、第二新卒採用に悪い印象を持っている企業は少ない印象です。

特に30代を超えて未経験からの挑戦も、柔軟な採用の枠組みの中で問題なく受け入れてくれるでしょう。

転職に関しては、以下のことを参考にしてみてください。

  • 人事からは「新卒採用で逃した優秀な人材を確保できるチャンス」という意見も
  • たった一度きりの人生!貴重な20代を活用するなら納得のいく職場探しを

それぞれ解説していきます。

人事からは「新卒採用で逃した優秀な人材を確保できるチャンス」という意見も

第二新卒は、企業から見たら「新卒採用で逃した優秀な人材を確保できるチャンス」という意見もあります。

多くの新卒者がネームバリューのある大手企業を志望しますが、実際にはその企業での経験が必ずしも成功を意味するわけではありません。仕事が合わずミスマッチだと感じ、辞めてしまうケースも。

こうした状況から見れば、新卒採用で逃した優秀な人材が第二新卒として戻ってくることは、採用の観点から見ても貴重な機会です。

また、企業からしたら第二新卒採用は低予算で人材を確保できるメリットがあります。

その結果、人事担当者は採用においてリスクを抑えつつ、企業にとって真に価値ある人材を獲得できるのです。

たった一度きりの人生!貴重な20代を活用するなら納得のいく職場探しを

20代は自分が納得のいく仕事を探す貴重な時間にすることもできます

20代は挑戦するには最適な時期でもあります。選択肢が豊富な中で、自分に合った職場を見つけるためには、自己分析が欠かせません。

自分の強みや弱み、やりたい仕事の方向性を明確にし、それを基に求人情報を精査することが必要です。

転職や新卒採用など、様々な選択肢がある中で、貴重な20代を充実させる職場を見つけてみてください。一歩を踏み出すことが、豊かなキャリアを築く第一歩に繋がりますよ。

なぜ世間から第二新卒は「甘い」「転職は厳しい」と言われる?

世間から第二新卒が「甘い」「厳しい」と言われる理由は、主に以下の2つです。

  1. 未経験で正社員になれる、貴重な新卒カードを「無駄にした」と言われるから
  2. 社会人経験が浅く、スキルやストレス耐性で難ありと見られがちだから

詳しく解説していきます。

①未経験で正社員になれる、貴重な新卒カードを「無駄にした」と言われるから

第二新卒が「甘い」とされる理由の1つは、未経験で正社員になれる、貴重な新卒カードを「無駄にした」と言われるということがあります。

一度手に入れた新卒のステータスは、多くの企業において特別視され、未経験からの採用としても受け入れられやすいものです。

第二新卒は再び求職活動を行う際に、自らの新卒時の選択を「無駄にした」という風潮に直面することがあり、これが「甘い」とされる要因の一つと言えます。

②社会人経験が浅く、スキルやストレス耐性で難ありと見られがちだから

第二新卒が「甘い」「厳しい」と見なされる理由のもう1つは、 社会人経験が浅く、スキルやストレス耐性で難ありと見られがちだからです。

社会人経験が浅いため、業務において十分な経験を積んでいないと見なされてしまう場合もあります。特に高度な専門性や即戦力としての期待が薄れることが考えられます。

第二新卒は適切なコミュニケーションや自己アピールを通じて、自身のポテンシャルや成長意欲をアピールすることが重要です。

第二新卒で就活する際の2つの注意点

第二新卒で就活をする際の注意点は以下の2つです。

  1. 自己分析をして転職する理由を明確に言語化しておく
  2. 待遇やポジションが下がることは覚悟しておく

1つずつ解説しています。

①自己分析をして転職する理由を明確に言語化しておく

第二新卒で就活する際の注意点の1つとして、自己分析をして転職する理由を明確に言語化しておくことがあげられます。

自己分析を行うことで、なぜ現在の職場から離れ、新たな環境を求めるのかを明確に認識できます。

自己分析は企業との面接や履歴書提出時に非常に役立ちます。採用担当者に対して自身の決断力や将来のビジョンをアピールしてみてくださいね。

②待遇やポジションが下がることは覚悟しておく

第二新卒で入社した場合の注意点として、待遇やポジションが下がるのは覚悟しておく必要があります

新卒時の経験やステータスを持ちながらも、社会人経験が浅いことが影響して、元のポジションや給与水準よりも低い条件での入社になる場合があります。

これは一時的なステップダウンであるとともに、新しい環境での成長や経験積み重ねが期待される可能性も。そのため、待遇やポジションが下がることをある程度覚悟しておくことが重要です。

第二新卒で就職活動を成功させる4つのコツ

第二新卒で就職活動を成功させるコツは以下の4つです。

  1. ①職種が合わずに辞める場合は、やりたい事を明確にしておく
  2. 職場環境が合わずに辞める場合は、事前リサーチや面談で丁寧に選ぶ
  3. ネガティブな退職理由ではなく、ポジティブな志望理由を誠実に伝える
  4. 転職エージェントに相談する

詳しく紹介していきます。

①職種が合わずに辞める場合は、やりたい事を明確にしておく

第二新卒での就職活動を成功させるためには、職種が合わずに辞める際には、次に進む先のやりたいことを明確にすることが重要です。

転職の際には、前職での経験や学びを基に、自分が本当にやりたいことや目指したいキャリアパスを考えておくことが求められます。

これによって、企業に対しても自分の方向性やビジョンを伝えやすくなります。

また、転職先での仕事に対するモチベーションも高まり、やりがいを感じられる職場環境を見つける手助けになりますよ。

②職場環境が合わずに辞める場合は、事前リサーチや面談で丁寧に選ぶ

第二新卒での就職活動において、職場環境が合わずに転職を検討する際は、次の仕事先を選ぶ際に丁寧なリサーチと面談が不可欠です。

前職での経験を踏まえ、今後のキャリアや働き方に合った環境を見つけるためには、以下のポイントに注意することが大切です。

  • 企業の特徴や文化、働く雰囲気など
  • 社員の声や評判
  • 企業の公式情報
  • 求人情報サイトやSNS上でのフィードバック

面談時には直接企業の担当者に質問し、自分の希望や懸念事項について確認してみてください。

リサーチと面談を通じて、自身が満足できる職場環境を見つけることができれば、次のステップへの転職がよりスムーズに進むでしょう。

③ネガティブな退職理由ではなく、ポジティブな志望理由を誠実に伝える

第二新卒での転職活動において、ネガティブな退職理由ではなく、ポジティブな志望理由を誠実に伝えることも大切です。

退職理由を説明する際、過去の仕事において直面した課題や経験を挙げつつ、課題を克服し成長するために新しい環境を求めている旨を伝えるといいでしょう。

ネガティブな言葉ではなく、ポジティブな未来への展望や学びをアピールしてみてください。採用担当者に自身の成長意欲や前向きな姿勢をアピールすることができますよ。

④転職エージェントに相談する

第二新卒での転職活動において、転職エージェントとの相談も視野に入れてみてください

転職エージェントは業界や市場の動向を把握しており、個々の求職者に合った最適な求人情報を提供してくれる頼りになる存在です。

転職エージェントサービスでは、自分自身が見逃していたような良い機会を見つける手助けをしてくれますよ。気になる方はぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

第二新卒は最低何年働くという決まりはありませんが、前回の就職経験が数年前であることが一般的とされています。

企業側からして、第二新卒の評価はそこまで低いわけではありません。特に、30代を超えて未経験の場合でも、柔軟な採用をしてくれる企業は多く存在します。

第二新卒で就活をする際の注意点は以下の2つです。

  1. 自己分析をして転職する理由を明確に言語化しておく
  2. 待遇やポジションが下がることは覚悟しておく

第二新卒での転職では、注意点をよく理解し、自分にあった職種や業種を見つけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました