30代で未経験の転職が厳しいのはなぜ?転職を成功させる3つのコツ

転職
転職・就活
転職・就活

「30代未経験の転職は厳しい?」「30代で未経験職に転職してみたいけど不安……」そう考えている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、30代未経験の転職が厳しいと言われる理由や未経験職に転職する際の気を付けるべきポイントを紹介しています。

転職を成功させるコツも解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

30代・未経験の転職が厳しいと言われる理由

30代・未経験の転職が厳しいと言われる理由は以下の2つです。

  1. 30代だと20代より人件費が高く、管理職経験を求められるため
  2. 未経験の採用は、人件費が安価で伸びしろのある若い新卒を求めるため

それぞれ解説していきます。

①30代だと20代より人件費が高く、管理職経験を求められるため

30代未経験の転職が困難な理由の1つは、年齢に関する人件費が高く、管理職経験を求められることです。

30代は、20代に比べて人件費が高騰しており、企業はその分高いスキルや経験を期待します。

特に管理職への昇進経験が求められることが多く、これが転職活動を難しくしている一つの要因といえるでしょう

30代は経験を積み重ねる一方で、同時にその分だけ人件費も上昇するので、企業は慎重に採用を検討する傾向にあります。

②未経験の採用は、人件費が安価で伸びしろのある新卒を求めるため

企業は未経験採用に関して、人件費が安価で伸びしろのある新卒を求める傾向があるのも、転職が難しい理由の1つといえるでしょう。

新卒はまだ経験が浅く、そのため雇用コストが比較的低いです。また、柔軟性や学習能力に富んでいるので、成長の余地が大きいのも未経験採用のポイントとなります。

企業はこうした伸びしろを評価し、将来的なリーダーシップや専門的なスキルの獲得に期待を寄せて若手層を積極的に採用する傾向があります。

こういった理由から、30代で未経験の転職が難しくなってしまうのです。

30代・未経験で転職を成功させる3つのコツ

30代・未経験で転職を成功させるコツは以下の3つです。

  1. 志望職種について独自に学んでおくなど、強い関心を伝える
  2. プロジェクトや業務効率化の成功例など、専門領域にとらわれない経験を強みにする
  3. 転職エージェントに相談する

1つずつ説明していきます。

①志望職種について独自に学んでおくなど、強い関心を伝える

未経験でも転職を成功させるコツは、志望職種について独自に学んでおくなど、強い関心を伝えることです。

面接の際に、熱意と共に具体的な知識を披露すれば、企業は真剣な姿勢を理解しやすくなるからです。

未経験からの転職を成功させるためには、まず志望職種に対する深い理解と関心が不可欠です。

業界の動向や仕事の内容について独自に学ぶことで、面接やエントリーテストでの自己アピールが強化されますよ。

独学だけでなく、業界イベントやセミナーへの参加も積極的に行い、最新の情報をキャッチアップするのも大切です。

②プロジェクトや業務効率化の成功例など、専門領域にとらわれない経験を強みにする

プロジェクトや業務効率化の成功例など、専門領域にとらわれない経験を強みにするのも未経験から転職するために重要となります。

未経験から転職をするには、新しい環境でも活躍できる柔軟性が求められます。

業界や職種にこだわらず、解決能力やリーダーシップ、チームワークなどのスキルを強調できるようにしてみてくださいね。

これまでのプロジェクトや業務において達成した成功例や、効率化に貢献した経験を具体的に挙げ、それを転職先での価値に変えましょう。

未経験者だからこそ持つ多様な経験が、新しい仕事において大きな強みになりますよ。

③転職エージェントに相談する

未経験からの転職を成功に導くためには、転職エージェントに積極的に相談することが一つの有力な手段です。

エージェントは業界のトレンドや企業の求人情報に詳しく、あなたのスキルや志向に合った適切なポジションを見つけるお手伝いをしてくれます。

転職エージェントサービスでは、年間100人以上の社会人を転職に導いたキャリアのプロによるキャリア相談も行っています。

転職をスムーズに行いたいという方はぜひ活用してみてくださいね。

30代・未経験でも転職は可能だが気を付けることがある

30代・未経験で転職をする際に気を付けることは以下の通りです。

  1. 収入やポジションが下がることは覚悟する
  2. 30代後半の転職はかなり厳しくなる

1つずつ解説していきます。

収入やポジションが下がることは覚悟する

30代未経験での転職において気を付けるポイントは、収入やポジションが以前のものよりも低くなる可能性があることです。

未経験の分野に転職する場合、通常は新しい業界や職種の知識やスキルを身につけなければなりません。

そのため、給与や役職が最初は以前の職場よりも低く設定されるのが一般的です。

しかし、これは新たなスタートを切る一環として受け入れてみてください。将来の成長とキャリアの向上を見据える重要なステップとなりますよ

30代後半の転職はかなり厳しくなる

30代後半に転職を考える際、厳しい現実に直面する可能性があります

年齢が上がるにつれて、企業は安定感や経験を重視する傾向があり、未経験者に対する採用ハードルが高まることが考えられます。

一般的には、これまでの職歴やスキルの積み重ねが求められるケースが増え、未経験で新しい分野に挑戦するのが難しくなります。

適切なスキルや情熱、そして柔軟性を示せば、企業は中途採用に対しても開かれた姿勢を取ってくれるはずです。

自らの強みをアピールし、新しいフィールドでのキャリアを築くために積極的に行動することが、成功への第一歩となりますよ。

未経験でも採用されやすい職種・業種とは?

未経験でも採用されやすい職種・業種は以下の通りです。

職種・業種特徴
カスタマーサポート・コールセンターコミュニケーションスキルが求められ、未経験者でもトレーニングを通じてチャンスがある
販売接客やコミュニケーションが重要で、経験がなくてもトレーニングが受けられる
データ入力・事務補助基本的な業務やデータ入力なので特別なスキルがなくても始めやすいポジション
営業アシスタント経験が浅くても協力的な態度や基本的なオフィススキルがあれば比較的採用されやすい
ITサポート・ヘルプデスクコンピュータやネットワーク関連のトラブルシューティング未経験者向けにトレーニングが提供されることもある

これらの職種は未経験者にもチャンスがあり、スキルや経験を積む過程で成長できるポジションです。

まとめ

30代で未経験の転職が厳しいと言われる理由は以下の通りです。

  • 30代だと人件費が高く、管理職経験を求められるため
  • 未経験採用は、人件費が安価で伸びしろのある新卒を求める傾向があるため

これらの理由により、30代・未経験で転職をするのが難しくなってしまいます。

転職活動をする際は、以下の3つのコツを意識してみてください。


  1. 志望職種について独自に学んでおくなど、強い関心を伝える
  2. プロジェクトや業務効率化の成功例など、専門領域にとらわれない経験を強みにする
  3. 転職エージェントに相談する

30代・未経験で転職が難しいときは、転職エージェントサービスをぜひ活用してみてください。自分のスキルや経験にあった、職種や業種を提案してくれます。今なら無料でキャリア相談も行ってくれますよ。

タイトルとURLをコピーしました