大卒でフリーターは何がやばい?将来のために考えておくべきこと

転職
働き方
働き方

大学を卒業したけれどフリーターとして働くことは、将来のキャリアに対する懸念を抱くことも少なくありません。

この記事では、大卒フリーターが直面する課題や将来の展望に焦点を当て、キャリアを築く上で考えるべき重要なポイントについて紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ「末路が悲惨」と言われる?大卒でフリーターになる決定的なデメリット

大卒でフリーターになると決定的なデメリットが5つあります。

  1. 新卒採用という未経験で正社員になれる貴重な機会を逃す
  2. 収入が安定しないため生活が苦しく、生涯年収の差も大きい
  3. 社会的信用がなく、ローンの審査が通らない
  4. 社会保険や企業型DCの適用がなく、将来の生活に不安がある
  5. 世間体が悪く、疎外感を感じる

詳しく解説していきます。

①新卒採用という未経験で正社員になれる貴重な機会を逃す

大卒でフリーターになると、新卒採用という未経験で正社員になれる貴重な機会を逃すというデメリットがあります。

大学を卒業したばかりの段階で企業に採用されることは、専門的なスキルや知識を積む前からプロフェッショナルとして成長する重要な一歩です。

しかし、大卒でフリーターになると、この未経験での正社員採用のチャンスを逃してしまいます。

これを活かすことができないと、将来的なキャリアの発展に制約が生じる可能性もあるでしょう。

②収入が安定しないため生活が苦しく、生涯年収の差も大きい

大卒でフリーターになるデメリットの1つとして、収入が安定しないため生活が苦しく、生涯年収の差も大きいこともあげられます。

新卒で正社員になることで得られる安定した給与は、生活の安定感をもたらしてくれるでしょう。また、将来の生涯年収にも大きな影響を与えかねません。

大卒でフリーターになって、アルバイトや短期の仕事で働いたとしても給与は一定せず、生計を立てるのが難しくなる一方です。

この結果、生涯年収に大きな差が生じ、経済的な不安を抱えてしまうこととなります。

③社会的信用がなく、ローンの審査が通らない

大卒でフリーターになると、社会的信用がなくなり、ローンの審査が通らなくなるのもデメリットの1つといえるでしょう。

大卒で正社員になることは、社会的信用を築く一環でもあります。一方で、大卒でフリーターになると、社会的な信用が不足する可能性があります。

この社会的信用の不足は、金融機関でのローン審査にも影響を及ぼします。

正社員としての雇用歴がないことや、安定した収入が得られていないことが、ローンの審査でネガティブな評価となることも。金融機関からの融資が難しくなることがあります。

これにより、住宅ローンや教育ローンなどの重要な資金調達が制約され、将来の計画に影響を及ぼす可能性があります

④社会保険や企業型DCの適用がなく、将来の生活に不安がある

社会保険や企業型DCの適用がなく、将来の生活に不安があるのも大卒でフリーターになるデメリットといえるでしょう。

正社員として働く場合、企業は従業員に対して社会保険や企業型の退職金制度(企業型DCなど)を提供することが一般的です。

しかし、大卒でフリーターになると、これらの福利厚生が適用されない可能性が高まります。

自己負担で健康保険に加入しなければならないことや、将来のリタイアメントプランを自分で構築しなければなりません。

結果として、将来の生活において不測のリスクに対処する手段が限られ、不安を感じざるを得ない状況が生まれる可能性があります。

⑤世間体が悪く、疎外感を感じる

大卒でフリーターになると、世間体が悪く、疎外感を感じることもあります

大卒でフリーターになることは、周囲の人々から理解されづらく、時には非難されることもあります。

また、正社員として働くことが一般的である中で、フリーターとしての生活を選ぶことで、仕事においても人間関係においても疎外感を感じることがあります。

これは、社会的なつながりや尊重を受ける機会が減少し、精神的な健康にも影響を与えかねません

大卒でフリーターになる主な3つの理由

大卒でフリーターを選ぶ理由としては主に3つあります。

  1. 就活がうまくいかず、就職浪人するため
  2. 就職するよりやりたいことがあるため
  3. やりたい仕事がないため

1つずつ解説していきます。

①就活がうまくいかず、就職浪人するため

大卒でフリーターをする理由の1つとして、就活がうまくいかず、就職浪人をする場合があります

就職浪人とは、最適な職場が見つからない場合に一度就職を見送り、将来の希望に沿った職場を見つけるために時間をかける選択肢です。

就活が難航している際、フリーターで働く道を選び、経験を積むことでより適切な職場を見つけることが期待されます。

フリーターとして働くことで、将来的なキャリアに対する視野を広げられます。自分の適性や志向に合った仕事を見つける助けになることがありますよ。

②就職するよりやりたいことがあるため

大卒でフリーターを選ぶ人の中には、就職するよりもやりたいことがあるという人もいます。

自分の夢や目標がクリエイティブな仕事や起業に関連している場合、フリーランスや独立起業家として活動する道もあるでしょう。

この選択は、安定した給与や雇用の枠にとらわれず、自分のアイデアやスキルを最大限に発揮するチャンスを提供してくれますよ

③やりたい仕事がないため

就職活動で、やりたい仕事がない人も大卒でフリーターになる理由としてあげられます

やりたい仕事を見つけることが難しいと感じる人も少なくありません。自身の専攻やスキルに合致する理想の職場が求人市場に不足している場合、大卒でフリーターとして働くことが選ばれます。

この選択は、一度様々な職種や業界で経験を積むことで、自分にとって最適な仕事やキャリアを見つけ出すプロセスを進められる可能性も。

フリーターとしての経験が、将来的な職業選択において豊富な選択肢を提供する一助となることが期待される場合もあります。

フリーターのあと就職を目指す場合に考えておくべきこと

フリーターのあと、就職を目指す場合に考えておくべきことは主に以下の4つです。

  1. 自分の中で区切りを!30代前半までに今後を決める

  2. 自己分析をして、やりたい事とやりたくない事を明確化する

  3. 今までの経験を振り返って自分の長所を明確化する

  4. 転職エージェントに相談する

それぞれ解説していきます。

①自分の中で区切りを!30代前半までに今後を決める

フリーターのあと転職を目指す場合は、30代前半までに今後のプランを決めるのが大切です。

この期間には、自身の興味や志向を踏まえながら、どのような仕事に挑戦したいのかを考えましょう。

どのようにスキルや経験を活かせるのかを検討することが重要です。

将来の展望をしっかりと持ち、具体的な目標を設定することで、再び職場に復帰するための自信と意欲を持てますよ。

②自己分析をして、やりたい事とやりたくない事を明確化する

自己分析をして、やりたい事とやりたくない事を明確化するのも大卒でフリーターから転職する際の考えておくべきポイントです。

自己分析は、再び就職を考える際において大いに役立ちます。

過去の経験やフリーターとしての期間を振り返り、自分の強みや弱み、興味関心を客観的に見つめ直してみましょう。今後の職業選択において重要なヒントを得ることができます。

逆に避けたいことやストレスを感じる状況を洗い出すことで、将来のキャリアプランをより具体的に構築する手助けになりますよ。

③今までの経験を振り返って自分の長所を明確化する

フリーターから転職するためには、今までの経験を振り返って自分の長所を明確化することも大切です。

過去の経験を振り返り、フリーターとしての期間を通じて培ったスキルや強みを見つめ直すことは、再び就職活動に取り組む上で非常に有益です。

フリーターとしての経験がもたらした柔軟性、自己管理能力、コミュニケーションスキルなどの長所を具体的に洗い出しをしてみましょう。それらを自覚的に強調できるようにすることが重要です。

これにより、自分の強みをアピールポイントとして、アプローチする企業や職種に適切に伝えることができますよ

④転職エージェントに相談する

フリーターで転職するときには、転職エージェントを使うのも1つの手です。転職エージェントに相談することは、再就職を目指す際の一つの有益な手段です。

転職エージェントは、求人情報だけでなく、求職者のスキルや希望に合わせたキャリアアドバイスを提供し、適切な求人を紹介してくれます。

自分に合った職業や業種がわからない場合は、転職エージェントサービスを活用してみてください。市場動向や企業情報に精通しているため、戦略的なアプローチを共に考えてくれますよ。

まとめ

大卒でフリーターになるデメリットは以下の5つがあげられます。

  1. 新卒採用という未経験で正社員になれる貴重な機会を逃す
  2. 収入が安定しないため生活が苦しく、生涯年収の差も大きい
  3. 社会的信用がなく、ローンの審査が通らない
  4. 社会保険や企業型DCの適用がなく、将来の生活に不安がある
  5. 世間体が悪く、疎外感を感じる

フリーターから転職を目指す場合は以下の4つのことを意識してみてください。

  1. 自分の中で区切りを!30代前半までに今後を決める
  2. 自己分析をして、やりたい事とやりたくない事を明確化する
  3. 今までの経験を振り返って自分の長所を明確化する
  4. 転職エージェントに相談する

どの職種や業種に転職していいかわからないときは、転職エージェントサービスを活用してみてください。

転職専門のスタッフが相談に乗ってくれるので、自分にあった転職先を探すことができますよ。

タイトルとURLをコピーしました