就職の味方!!ハローワーク横浜南とは

ハローワーク・職業訓練
ハローワーク・職業訓練
ハローワーク・職業訓練

求職中や、転職を検討している場合、ハローワークを利用したことがある人は多いのではないでしょうか。ハローワークは全国に数多くあります。

横浜南にもハローワークは存在しています。ハローワークは、行政機関のため、管轄区域が定められています、そのため、横浜でも他にもいくつかのハローワークが存在しています。

ハローワークには、休職中の人が行くイメージが強いのではないでしょうか。ハローワークには他にも様々な役割があります。

では、ハローワークはどんな時に活用するべき場所なのでしょうか。ハローワークについて詳しくみていきましょう。

ハローワークとは?良い仕事に巡り会うために重要な場所

ハローワークを利用したことはありますか。ハローワークは全国に数多くあります。

そもそもハローワークとは、公共職業安定所の略称です。国が運営する行政機関のため、無料で利用することができます。ハローワークの主な業務内容としては、職業紹介、雇用保険、雇用対策です。一般的なイメージは、職業紹介の印象が強いのではないでしょうか。

ハローワークは、企業から出ている求人と求職者をマッチングさせる役割を担っています。それぞれの求職者にマッチした企業選びの手助けをし、スムーズに雇用できるようにする役割があるのです。求職者と企業とのミスマッチを防ぎ、良い仕事に巡り会うために重要な場所なのです。

休職中の雇用保険の手続きを行うことも

また、休職中の雇用保険の手続きを行うこともハローワークの役割です。雇用保険の手続きは、ハローワークでしか行うことができないため、雇用保険を利用したい人は必ず訪問する必要があります。

ハローワークは、利用時間が全国で一律で決まっています。利用時間は、

平日(月〜金):8時30分〜17時15分

です。

しかし、場合によっては利用時間を延長する施設や土日にも利用できる施設もあります。ハローワーク横浜南の場合、

  • 平日(月〜金):8時30分〜17時15分

  •  

    第1・3土曜日のみ:10時〜17時

となります。

都心部のハローワークの場合、土日利用や時間延長をする所が多い傾向にあります。しかし、土日利用の場合、利用できるサービスが限られているため、注意が必要です。

ハローワーク横浜南の住所と行き方

横浜には、ハローワーク横浜南があります。横浜南のハローワークについて詳しくみていきましょう。

ハローワーク横浜南の住所は、

  • 神奈川県横浜市金沢区寺前1‐9‐6

です。

障害者専用駐車場が1台だけあるため、健常者向けの駐車場はありません。

基本的には、電車やバスの公共交通機関を利用しましょう。ハローワーク横浜南は、京浜急行線 金沢文庫駅東口から徒歩10分のため、便利な場所にあります。

他にも、シーサイドライン海の公園駅東口から徒歩12分のため、便利のよい方を選ぶこともできます。ハローワークを利用する時は、しっかりと下調べをしていきましょう。

ハローワーク横浜南の管轄区域

ハローワークでは、管轄区域が定められています。横浜にもハローワーク横浜などいくつかのハローワークが存在しています。ハローワーク横浜南の管轄区域は、

横浜市のうち

  • 金沢区

横須賀市のうち

  • 船越町
  • 港が丘
  • 田浦港町
  • 田浦町
  • 田浦大作町
  • 田浦泉町
  • 長浦町
  • 箱崎町
  • 鷹取町
  • 湘南鷹取
  • 追浜本町
  • 夏島町
  • 浦郷町
  • 追浜東町
  • 追浜町
  • 浜見台
  • 追浜南町
  • 逗子市
  • 三浦郡

となっています。

ハローワーク横浜南の有効求人倍率・就職件数(令和2年7月時点)

ハローワーク横浜南は令和2年7月の場合、有効求人倍率は0.45倍であり、前年度より減少しています。就職件数は、130件であり、前年度より減少しています。少なからずコロナの影響も受けている可能性はあるでしょう。

それぞれのハローワークの管轄により、置かれている状況は異なるため、事前に調べておきましょう。

ハローワーク横浜南でできること

ハローワーク横浜南では、具体的にどのようなことができるのでしょうか。初めてハローワークを利用する時、不安に感じる人も多いでしょう。

ハローワーク横浜南で出来る手続きは、雇用保険・失業保険の手続きや、求人情報の検索や求職申し込み、職業訓練の申し込みが可能です。

失業保険を受け取るためには、求職中であり、仕事を探す意思があるということが重要です。そのため、求職申し込みの申請や受給説明会に参加したりする必要があります。ハローワークで申し込みをする場合、まず自分が住んでいる地域の管轄のハローワークがどこなのかを調べましょう。申し込みの際は、マイナンバーや離職票等さまざまな書類が必要となるため、しっかりと準備をしてハローワークを訪問しましょう。

求職申し込みを行うことで、求人を探したり、相談したりすることが可能

また、求職申し込みは、初めてハローワークを訪問した人の全てが行う必要がある手続きです。ハローワークで求職申し込みを行うことで、求人を探したり、相談したりすることが可能となります。

ハローワークには、沢山の職業訓練のコースがあります。職業訓練を利用することで、資格を取得することも可能です。新しい職業への就職を目指している人は、職業訓練を活用してみてはいかがでしょうか。

ハローワークでは、就職をするために様々なサービスを利用することができます。ハローワークを有効に活用し、効率よく就職活動を進めていきましょう。

ハローワーク横浜南の利用方法

ハローワーク横浜南のサービスを利用するには、様々な方法があります。一般的にハローワークを利用する時に思い浮かべることは、直接訪問し、職員の人と対面し相談することではないでしょうか。

ハローワーク横浜南は、横須賀市のホームページに求人情報を掲載しています。管轄区域内の求人情報を毎週木曜日に更新しています。毎回、ハローワークを訪問するのが大変な人はぜひ活用してみましょう。

もし気になる求人があった場合は、ハローワークの紹介窓口へ問い合わせる必要がありますが、毎週情報が更新されるたび、空いた時間にチェックができますよね。フルタイムやパートタイムに分けて掲載されているため、自分に合った求人情報を効率的に探すことができます。

また、神奈川県には、ハローワーク関連の施設もあります。新卒応援ハローワークや、かながわ若者就職支援センター、マザーズハローワーク等です。管轄のハローワークと併せて利用を検討してみましょう。就職に関すること全般の相談ができる施設もあるため、就職に向けて有効に活用していきましょう。

まとめ

さて、ハローワークについて詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。ハローワークは全国にあり、管轄区域が決まっています。横浜にも複数あり、その中の一つがハローワーク横浜南です。

ハローワークの利用時間は全国一律で定められていますが、都心部のハロ−ワークは、土日利用がや時間延長している場が多くなります。ハローワーク横浜南の場合も、平日の他に、第1・3土曜日も利用できます。平日に働いている人や多忙な人にはとても助かりますよね。

ハローワークは、就職したいと考えている人のとても心強い味方となります。また時には、失業保険の手続きや、職業訓練を利用することもできます。就職のための、学校のようなイメージを持ちますよね。

学生ならば、学校で就職に向けてアドバイスやサポートをしてもらえますよね。大人になっても、就職に悩んでいる人は少なくありません。そんな時、ハローワークは心強い味方となるのです。

ハローワークを有効に活用し、就職へ向けて努めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました